since2010.4
家電の基礎知識を覚えよう
快適な暮らしをするには、何が必要でしょうか。

まずは、住む家を考えます。
広い家、日当たりの良い部屋、立地が良いところに住むなどです。

どういった家に住むかということは大事です。

私は、より快適な暮らしをするには、どうしたらよいだろうということをよく考えます。

今の家を売って住み替えたいなと考える事があります。

そういった場合はこういうサイトを参考にしたりします。

最近は、よく考えるのは家電についてです。

家電が一切家にないという方は少ないでしょう。

快適な暮らしを手に入れるには、家電は手放せません。

同じ用途の家電でも、メーカーによっていろいろな種類があります。

どんな家電が使いやすいのか、この家電は必要だろうかそういったことを考えています。

特に、今一番買い換えたいと考えている洗濯機について、よく考えます。

洗濯機は縦型とドラム式とあります。

どちらが、いいのでしょうか。
以前は、乾燥機付きならドラム式、洗濯のみなら縦型と言われていました。

しかし、最近では、縦型の乾燥機付き洗濯機も出ています。

メーカーによって相違はあると思いますが、乾燥機を使用することを前提に、それぞれの特徴を上げてみます。

まず、ドラム式の洗濯乾燥機。
ドラム式は、たたき洗いで洗濯を行うそうです。
そのため、洗濯物のからみが少なく、縦型より衣類を傷めにくくなっています。

私は、どちらも使用したことがありますが、そういえば、縦型を使用した場合、脱水終了後、蓋を開けると、衣類が絡まって引っ張り合っていることが多いです。

うちの洗濯機だけかもしれませんが、ドラム式の場合、脱水時、衣類が絡まると、エラーがでて止まります。

衣類が絡まり、塊となって、脱水時、重さが偏ってうまく脱水ができないためを思われます。

ドラム式洗濯機は、水の量が少なくて済みます。

洗濯用洗剤を買うとわかるのですが、ドラム式の場合、水が少ない分、洗濯用洗剤も少なくて済みます。

水代や洗剤代を節約したい場合は、ドラム式の方が良いかもしれません。

乾燥機機能を見ると、ドラム式はヒートポンプ式だそうです。

ヒートポンプ式の場合、ヒーター式より温度が低く、衣類を傷めにくくなっています。

また、ヒーターや水を使用しないので、電気代や水道代を節約することができるそうです。

縦型の洗濯乾燥機はどうでしょうか。
縦型の洗濯乾燥機はもみ洗いで洗濯するそうです。

人によって感じ方は違うかもしれませんが、私的には、出し入れは、縦型の方がしやすいように感じます。

洗濯室が広ければ問題ないのでしょうか、ドラム式の場合、扉の開閉が、横になるので、出し入れが煩わしく感じます。

縦型の洗濯機は、ドラム式より、水道代や、電気代がかかります。

乾燥機機能はヒーター式で、高温になるため、洗濯中に扉を開けることは出来ませんし、冷却するために水道代がかかります。

そういったことを考えると、ドラム式の方が良いように感じますが、洗浄力では縦型の方が良いそうです。

やはり乾燥機機能を使わないという場合は、縦型の洗濯機、乾燥機付きならドラム式を選ぶとよいと思います。



家電画像




MENU

家電の基礎知識
炊飯器の基礎知識
IHとガスの基礎知識
ポットの基礎知識
電子レンジの基礎知識
掃除機の基礎知識
食器洗浄機の基礎知識



 
copyright 家電の基礎知識 All rights reserved.