since2010.4
掃除機の便利な活用法を覚えよう
掃除機の種類は、思いつくところで3つです。

首が長く伸びて、コードが必要な一般的な掃除機。

サイクロン式のものと紙パック式のものがあるようですが、ちょっとそこにはこだわりません。

掃除機の目的は、ごみを吸って綺麗にすること。
そう考えると、一番吸引力が高そうで綺麗になる、このタイプの掃除機が良いと思います。

欠点を上げれば、コード式なので、掃除がしにくいときがある、後ろからゴロゴロ本体が付いて回り、物に引っかかることがあるということだと思います。

スティック型の掃除機もあります。
パッと思いつくメーカーは、ダイソン、ツインバード、マキタです。

スティック型の掃除機の良いところは、手軽さです。

コードレスでスイスイ掃除できます。
但し、重いものを購入してしまうと、掃除が大変になります。

最近では、かなり軽量の物も販売されているようです。

マキタの掃除機は、業務用にもよく使用されているということで、人気がある商品です。

デザインは若干、業務用っぽい感じですが、シンプルなデザインです。

上記の一般的な掃除機は、出し入れが大変ということもありますから、こまめに掃除機をかけることを考えると、こちらの方が、便利かもしれません。

最後に、ロボット掃除機。
代表的なものはルンバでしょうか。
ロボット掃除機は、勝手に掃除してくれるので便利だと思います。

ですが、掃除機を買う時、選択から一番に外しました。

どこから仕入れた情報か忘れましたが、床にある電気コードなどを噛み砕いてしまうことがあると聞いたからです。

本当なのか分かりませんが、そのことを聞いたとき、ロボット掃除機は、床が綺麗に片付いていないと掃除できないなと考えました。

あまり片づけが得意な方ではないので、床に物が転がっていることもあります。

いない間に勝手に掃除してくれるロボット掃除機ですが、床に転がっている物を気づかないうちに吸い取られてしまっていては困るなと考えました。

また、隅などには、掃除が行き届かないこともあるそうです。

内には、毛が長めのカーペットがありますが、ロボット掃除機では、掃除することが難しいようです。

ベッド下など、手が届きにくい場所は、ロボット掃除機が便利だと思います。

スティックタイプの掃除機と、一般的な掃除機と迷い、結局一般的な掃除機を購入しました。

手軽に掃除できるスティックタイプには、前から憧れていたのですが、吸引力が上だったのと、物凄く軽いものを見つけたので一般的な掃除機にしました。




参考文献 『三菱電機の掃除機
- 三菱電機の公式サイト


スティックタイプの掃除機への未練はありますが、軽量の掃除機を抱えてスイスイ掃除できているので、特に困っていません。



家電画像




MENU

家電の基礎知識
炊飯器の基礎知識
IHとガスの基礎知識
ポットの基礎知識
電子レンジの基礎知識
掃除機の基礎知識
食器洗浄機の基礎知識
脱毛機の基礎知識



 
copyright 家電の基礎知識 All rights reserved.